基本的事項

 ①この作成要領は、市民大学・市民大学院に共通します。

 ②最終的に提出された報告は、そのまま印刷に回されて製本になります。

 ③大学・大学院の実施要綱に基づいて、完成した報告集は公開されます。


具体的事項

a)用紙等 

①用紙サイズ    A4版横書き

         (全体の編集上、出来れば偶数頁で終える)

②ページ数     大学の個人研究  4~10頁程度

            グループ研究    8~16頁程度

            大学院          10~30頁程度

③用紙余白設定   上35mm、下30mm、左30mm、右30mm

④1行の文字数  35文字

⑤行数        36行

(b)フォント等

①ワープロソフト WindowsのMS-Wordを使用

②表題       MSゴシック14ポイント

③見出し      MSゴシック12ポイント

④その他本文等  MS明朝12ポイント

⑤数字       ひと桁は全角、ふた桁以上は半角の明朝体

⑥句読点      「、」「。」を使用

⑦度量表示     「㎏」、「㎡」のように半角表記

(c)内容の構

①「表紙」、「本文」、「添付資料」の順に構成する。

②本文の構成は、原則として「要旨」「目的」「方法」「結果」「考察」「文献」

 で構成する。

③「要旨」は400字以内でまとめること。

④各構成の柱は「1」、節は「(1)」で表記する。その下部構成は、「①」、「ア」、

   「(ア)」とする。

(d)ページ等

①ページとフッタは書き込まない。

②ページ番号は付さない。